気になる情報

ペトログリフとペトログラフの違い


ペトログリフが明かす超古代文明の起源

ペトログラフとペトログリフ

この「ペトログラフ」と「ペトログリフ」、

訳す上での「ちょっとした違い」なのかと思ったら、実は全く違うものでした。

明確に違いがあるものの、どちらも昔のものという共通点があります。

兄くん

ざっくり

古代の人たちが岩などに残した文字や絵といった言葉が、今もこうして見られるなんてロマンがあります。

ペトログリフとは

ギリシャ語で、

をあらわす「ペトロ」と

彫刻をあらわす「グリフ」との造語らしいです。

掘ってるって事ですね!

ペトログラフとは

こちらは岩などに描かれた「絵画」の事をいうのだそうです。

描いてるって事ですね!

英語圏ではこうしてはっきりと区分けされているのに比べ、日本ではこの二つがあいまいなのだそう。

一文字しか変わらないこの二つの言葉ですが、実ははっきりとした違いがありました

※確かに、日本のサイトで色々調べていて感じるのは、「日本のものがペトログラフ、海外のものはペトログリフ」という感覚です。どこが間違っているのかよくわかりません…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です