未分類

2019-2020年越しの瞬間 後篇

>>前篇はコチラ▼

https://punchearth.com/2020/01/2020-01-08-020536/

0時直前まで放送のSASUKEが終って、そのままカウントダウンTVへ!

年越しの瞬間まであと少し。

今回は確実に起きていられる!

謎の「やり遂げる充実感」が私に来訪。

あとは夢を叶えるだけ!

長年の夢 年越しの瞬間をジャンプ中に迎える

コレです!

えっって思うかも知れませんが、コレです!!

年越しの瞬間をジャンプで乗り越えたい(?)

これがやりたかったこと!

何の意味があるかなんて、そんなものはなく、ただ楽しそうだと思った!

昔はこういう事をしたいと思う事もなかった。

私という人間が変わったんだろう。

「子供たちと何かを一緒にする」

くだらなくてもいいんだ。

カウントダウンが始まり・・・

3・・2・・1・・

ジャンプ!

「あけましておめでとう~!」ワー

体が重くてジャンプ中に年を越せてなかった疑惑

・・・。

私も兄くんも、ここ一年でだいぶ大きくなりました。

横にね。

昼間、飛ぶ練習をする弟くんに「そんなしなくて大丈夫だよ~」なんて言っていた自分に行ってあげたい。0.001秒前くらいに飛ぶんだ!と・・・じゃなきゃ空中で越せないって・・・!

まるで石。そう石。弟くん、最近サッカーボールで遊ぶんだけど、弟くんがサッカーボールだとしたら私は石。まるで石・・・!(困惑中)

私の今年の課題が見えてきた気がする。(真剣)

ちなみに兄くんもすごい音出して着地してた。

弟くんに欅坂46の黒い羊がつきささる

カウントダウン後、そのままEXILEファミリーが「choo choo TRAIN」を披露。

私の飛べない石疑惑については考えないように、テレビの前で歌い踊る。クオリティは酷い。

カウントダウンの余波でテンションアップ中な兄くんが、一緒にぐるぐるしてくれました。ヨロコビボール1ケリ☆

弟くんはマイクラか、動画視聴に戻っていたけど、ある歌が流れた時に吸い込まれるようにやってきた。

テレビの前に座って、真剣なおももちで見ている。

それが欅坂46の「黒い羊」。

欅坂と言えば、暗い歌を歌う担当の坂グループという認識。

一人の女の子が周りから、のけもの?変わった人?扱いされるんだけど、それでも私はいいんだ、って感じの歌に見えました。

歌に合わせた、ダンスというよりパフォーマンス、表現が素晴らしかったです。

「ボクすごいわかる。いじめられるっていうかねーすごいわかる」

弟くんの感想。

言葉にならないようでした。

弟くん、いじめられてるの?

って心配になったけど、きっとそうではなくて、「人と違う」という事を生活の中で強く感じているからなんだろうと思った。

まだ低学年なのになぁ・・。

兄くんが低学年の頃は、そういう「違い」をあまり感じてなさそうだった。我は我、的な感じだったというか。表に出してなかっただけかも知れないけど。当然だけど、同じ発達障害という枠でも兄くんと弟くんは全然違う。弟くんは、私に似ているなーと思う事が多々ある。生意気で、ワガママで、自分が一番じゃなきゃ不満げで・・。口が達者な所は誰に似たんだろう・・・。

夜明け前に就寝することに

一番先に寝たのは弟くん。

寝たあと、19年歌いまくった「パプリカ」をFoorinが披露してました。

こんな夜更けに小学生が生放送に出られる世の中になったんですね。

次は兄くん。ポケモンで色違いゲット出来て満足したようでした。

そして私。

日の出を見に行きたかったけど、ど~しても寝たくなって4時頃かな、寝ちゃいました。カウントダウンTVが終って、お笑い番組見た瞬間に眠くなってしまった。

私は、お正月のお笑い番組の画面で眠たくなる。なぜだろう。誰か知っていたら教えて欲しい。

さてさて、日の出は残念だけど、一つ夢を叶えられたし、嬉しい年越しでありました。

次回の目標は「日の出を見る」にしよう!

笑顔になれる子育て 子育てブログ・テーマ
笑顔になれる子育て

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です