未分類

弟くん、冬休み最後の日の不安

 

冬休み最後の日 。

 

弟くんとは一緒に寝ている。

そろそろ一人で寝ないと行けないんじゃないかな、と思いつつ、一緒に寝ている。

同じお布団に入って、「さぁ寝よう」というと・・・。

寝れないらしい。

 

弟くん「寝ようと思ってね、目閉じてもね、勝手に開くんよ。」

真っ暗にすると逆に目が覚めてしまうという症状のようだ。

ママ「羊かぞえたら寝れるよ」

弟くん「そうなん?」

無言になったので数え始めた様子。

寝れない、と文句もないので、このまま寝るんだろう、と思った矢先。

弟くん「クラスの子の名前みんな言うね。○○くん、○○、○○、・・・」

なぜに。羊では寝れなかったようだ。

弟くん「羊42匹まで数えたけど寝れん」

ママは眠いので寝たいのに、チェックが入ってくる。

弟くん「いま何人言った?」

しらんがな。

ママ「えー何人だったかな?もう一回言ってくれん?」

弟くん「えー?しょうがないなー、○○くん、○○、○○、・・・」

今度は指折り数えている。

ママ「・・・ZZ」

弟くん「明日で休み終わりやね」

弟くん「学校いったら、みんなに久しぶりって言うんだ。」

弟くん「でもそう思ってる時にかぎって上手く行かんのよ・・・」

ママ「あんまり考えん方がいいよ」

弟くん「うん」

 

その後、すんなり寝てくれた。

明日から学校、楽しみとは言いつつ、心に不安が少しあって眠れなかったのかもしれない。

口が達者で、お友達を笑わせたりするのが大好きな弟くん。

だけど繊細で、小さな事でもすぐ心のシャッターが降りてしまう

兄くんはわが道をゆったり行く感じで、不安をぽんぽん言う子ではなかったから、

弟くんと接する時、すごく難しいな、と感じる事が結構ある。

 

気難しい所があるから、こうしたい、っていう思いを上手く出せずに、空回りしてしまう事が多いのだと思う。大好きな1年生の時の先生に久しぶりに会った時も、ママの後ろに隠れてあいさつも出来なかった。恥ずかしいとは違うみたい。

ちょっとずつでいいから、心のシャッターを降ろす機会を減らして、弟くんが嫌な気持ちにならないように出来たらいいなって思う。

  ママももっと勉強して色々知らないといけないなぁ、と思うのであった。

 


育児日記ランキング

 

笑顔になれる子育て

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です