気になる情報

「つかめる水」をつくる!100均で購入して兄くんと作った!

遊び

ででん!

本屋さんの夏休みコーナーで見かけた事がある、

「水をつかもう実験」

これが100均にもあったので買ってきました!

ほんとにつかめるの~?

って事で、半信半疑で挑む。

つかめるんだろうけど、やはりこの手にするまでは信じられないのだ!

開けて見ると、裏側に説明文がある。

遊び

AとBの粉が入っている・・・。

Aの粉は、400mlの水に溶かし、(結構多い)

Bの粉はぬるいお湯で溶く。

Bの方はとろみを帯びている・・・

こちらのBが「つかめる水」になるようだ。

Aへそっと入れ、ゆっくり5分ほどまぜるらしい・・・

遊び

「まるでクラゲのようだ」

兄くんがつぶやく。

キッチンタイマーで4分セットし(すでに1分ほど経っていた)、ママは写真を撮る。

兄くんは割りばしで、ぐるぐるする。

5分後ー

特別変わった所はない。

「ほんとに~?」

などと言いながら、お玉ですくい上げる・・・

遊び

出来てたー!

気になるのが、中身はどうなってるの?ってとこ。

むにむにしてみたら、中もジェリー状だった。

こりゃすごいっ!ってことで、残ってたBの液体を全部お玉で投入。

再び5分間、ぐるぐる~

その間に、1つ目の水を観察。

遊び

なんか、子供みたいなのが垂れ下がっている。

液状のものを液体の中でぐるぐる~してるので、形がねぇ・・・

まん丸じゃないんですよね。

5分後、2つ目を取り出してみる。

こちらは1つ目より大きかったので、取ってつかもうとしたら割れてしまいました・・・

大きいと、混ぜ時間が長い方がいいようです、そうだった、説明文にも書いてた。

2つ作ってみての感想。

満足出来たかというと、そうでもない。

それは、形に不満だから!

まん丸いのを作りかたった・・・。

あれかなぁ、「ゆっくり」って書いてたけど、勢いよく混ぜたら良かったのかな?

でもあえてゆっくりって書いてるんだから、そこは大事なポイントなのではないかと思うんだけど。

あと、Bの方を絵具とか混ぜたら、色つきのものが出来たりするんだろうか?

固まらなくなっちゃうとか、有害物質が発生するとか、問題発生するかな?

今度は注意事項をちゃんと読んで。また買って試してみようと思ったのでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です