ゲーム

ハンカチのご用意を!思い出の食堂(アプリゲーム)

ママの息抜きオススメアプリゲーム

「思い出の食堂2」の紹介です

まさか「2」が出ているとは知らず、見かけた時におお!と声を上げませんでした。

兄くん

上げなかったんかーい

でも嬉しくて、心の中では叫び、ダウンロードしました。

ダウンロードする前、ほんとかな?似たようなゲームじゃ無いよね?と何度も確認。もしかして前やったのが既に2だった?なんて不安にもなりましたが…。

大丈夫でした、完全に新しいやつです!

どんなゲーム?

主人公は食堂を切り盛りするおばあちゃんです。

①おばあちゃんはメニューを作ります。

②そしてお客さんがどんどん入って来るので、注文されたメニューを出します。

③お客さんが頼む分、減っていくのでまた作ります。

これの繰り返し!

何そんなの楽しいの…?と思われるかも知れません。

それが楽しいんです。

食堂を立派にしていく

初めはテーブルも少ないし、作れるメニューも少ないです。

そこからスタートして、どんどん食堂を立派にしていきます。

お金を稼いで、メニューを増やして設備を整えていく。

そういった食堂を育てていく楽しみがあります。

会話イベント

お客さんの中には物言わぬおじさんもいますが、おばあちゃんと会話イベントを発生させるキャラクター達がたくさんいます

そのイベントを見るのがまた楽しくて、早く次の会話イベントみたいな〜って思いながらお店を切り盛りするのです。

会話は、ちゃんとストーリーになっています。

基本はお客さんの話がメインになっており、おばあちゃんは聞く方なのですが、ちょいちょいおばあちゃんの話も出てきて、おばあちゃんどうなるんだろうってとても気になります。

特に前作をクリアしている場合は心配にもなると思います

ほっこり交流

前作から引き続き登場するキャラクターもいます。

でもほとんど新しいキャラクターなので、前作をやっていなくても楽しめます

思わず涙が滲むようなエピソードもあり、ハンカチは必須です。

懐かしの昭和を思い出させるゲーム。

今では感じる事の出来ない、あの時代だけの空気

特に、エピソード7の冒頭の会話ではポロポロ涙が溢れました。

ママのおばあちゃんも、同じ様な事を思っていたのかな?なんて想像したりしてしまいました。

ママ

は、鼻水が…

懐かしい気持ちになれる

このゲームの絵を見ているだけでも懐かしい気持ちになれますが、さらに食堂内にあるテレビや冷蔵庫をよく見てみると、リアルに昔の家電って感じで、懐かしさが込み上げます

ママの子供の頃はもう少し新しい家電だったはずですが、不思議なものです。

今こういう前掛けしてるおばあちゃん、いないよなぁ…。

おばあちゃんはじめ、キャラクター達の動きや食べっぷりも細かく表現されていて、とても可愛いです。

BGMを聴きながらがオススメ

ちょこちょこ時間潰しにするのがベストなゲームですが、ぜひBGMを聴きながらして欲しい。

ほっこりするのに、切ない音楽なんです。

今はもうどこにも無い、そんな日常。

ママはこのBGMを聴いただけで胸が熱くなります!

弟くん

大丈夫?

広告が問答無用

困った所は、広告がフル画面で突如始まることでしょうか。

無料ゲームなので致し方ありませんが、気になる人は気になるだろうなぁ、と思います。

ママは広告が出たらよそ見するか、広告を凝視して楽しみます。

大体海外ゲームの広告で、ママはやったことが無い感じのゲームばかりです。結構、見ているだけで楽しいです。海外っぽいノリというか。なんか凄そうだな!っていつも思いながら見てます。

ストーリーは短いけれど濃い

ストーリーは短いなぁという印象。

でもそれがいいのかなって思ったりします。

ひたすら食堂を切り盛りするんだ。

そして、ハンカチ必須です。

ママは7話目以降は涙が流れっぱなしでした。

あの懐かしい日々は、もう無い。

そして今の子に響かないかというと、きっとそうではなくて。もう取り戻せない子供の頃=昭和という姿で現しているだけで、誰の心にも響く様な気がする。

ストーリー自体もよくひねられていて、物語として純粋に楽しめました。涙は流れっぱなしでしたが…!

ストーリー完結後もサブストーリーがある

前作でも思ったのですが、ストーリーがすぐ終わってしまう。

適度に会話イベントを見て目標が欲しいのですが、

会話イベント自体、ポンポン発生するので、もうちょっと間隔を開けてくれてもママ的には良かったのにな〜と思いました。

会話イベントがあると思えば、その分楽しみが続きますからね。

新しい料理を増やさなければストーリーも進まないので、そうすればいいのですが、作れるのに作らないなんて事は、それはそれで嫌なのです。

会話イベントアイコンをタップしないというのも方法としてはありなのですが、押せるタップがあるのに押せないというのも、同じくそれはそれで嫌なのです…。

今回の「2」はそんな思いを知ってか、クリア後のお楽しみがあります。

それはサブストーリー!

クリアしてもまだまだ楽しめるゾ。

まとめ

ちょっとした息抜きにオススメゲームです。

がっつりやる必要も無し。

料理を作るにはリアル時間でたまるハートが必要なのですが、30分もあれば全快してくれますし、

食堂の中にあるテレビをタップして広告を見ても全快することがあります。

完全に癒やしゲームです。

涙を流したい人にもオススメです。

ママぐらいの年齢の人には特に突き刺さるのではないだろうか…。人生の大変さを実感して戦っている人にもオススメです、共感できます

スマホの容量に空きのある方にはぜひして欲しい、オススメゲームでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です