カメラ

冬の公園を散歩する幸せ

冬の公園に行ってきました。

兄くんとふたりきりです。

買い物に行った帰り、いつもと違う公園の姿に引き寄せられたのです。

秋の紅葉の季節は過ぎていましたが、まだ残っている赤い葉っぱ。

はっきりした黄色い葉。

花の様な「何か」も見えた。

こんな季節に何が咲いてるんだろう?

椿も咲いているのが見えました。

実は買い物中に、焼きいもを2つ買っていました。

弟くんのも買おうかなやんだけど、弟くんは好き嫌いが激しくて、焼き芋もたべるかわからなかったのと、好みの変化もはやくて、こないだまで好物だったものを食べなくなることも多々。

家に着く頃には冷めてるだろうし、「何これ食わん」って弟くんに言われたりするのも嫌だった。

「ちょっと公園よってかん?」

焼き芋を公園で食べたい!

みかんの飴かったら帰るんだ、ってずっと言っていたので、絶対に嫌だと言うかと思っていたのに、

「いいよ!」

と思った以上に楽しそうな声が返って来た。

「おれは今きげんがいい」

一体何があったのか・・・。

「焼き芋うめえ」

焼き芋が美味しくてご機嫌らしい。

ってもう食べてるのか!

駐車場に入り、降りる。

兄くんの焼き芋はもうないので、ママの焼き芋だけを持って行く。

「そうとう美味しいよ」

皮をむくと、甘くてしっとりした中身が姿を現わします。

口に入れる前からわかる、

「こりゃ絶対美味い」

「うまいよ!」

兄くんが嬉しそうに教えてくれた。

「あの木見に行こう!」

椿の花だ。

焼き芋を食べながら兄くんを誘導する。

ピンクでかわいい。茶色く枯れている部分がある花もあるけど、きれいだ。

写真に撮る。

空が曇り空だったから、あまりきれいな写真じゃないかもしれないけど、ママは満足だ。

次に、赤い葉っぱがついた木の所へ。

葉っぱは、ほとんど落ちて無くなっているけど、まだ残っている部分だけでもきれい。

「別行動って事にしようぜ、飽きたら車帰るんで」

「うん」

兄くんは奥の方に行ってしまった。小川が流れているのだ。

落ち葉のじゅうたんも魅力的だ。

目の前の木には葉っぱだけでなく、黒い何かも付いていた。

これは、エビの家?になる実?ではないか。

ちくちくして痛い。

一通り木の写真を撮って、兄くんを探しにいく。と言っても行き場所は分かっている。小川の方だ。

散歩する人達とすれ違う。

小川の方に、兄くんの後ろ姿が見える。

温かい時期にいるカニやエビはさすがに居ないと思う。

ママが近づくと、ママの振動で小さな魚達が動いた。

「魚おるやん」

「メダカやろ」

メダカでは嬉しがらない年頃になってしまったようだ。

この小川では、弟くんと三人で葉っぱ船レースをした思い出がある。

兄くんが覚えているか聞いてみる。

「おぼえとうよ」

よかった、覚えていてくれているようだ。

ママにとっては少し前の事に感じるけど、兄くんにとっては凄く昔のはずだ。

小川探検が進むと、ママはメダカではない、少し丸くて足がいっぱいある何かを見た。

「なんかいる!」

それはママの振動に驚いて、まわりのメダカと共に岩場にひっつくように隠れた。

「どれ、おれに見せて、おれが見る」

兄くんが手に長い枝を持って近づいてくる。

兄くんは小さい頃から、落ちている枝を持って小川の中をつついたり、木を叩いたりして冒険していた。

もう手のひらはママより大きい。

こんな姿を見るのもそろそろ最後なのかな、と思うとなんだか胸が熱くなってくる。

「何か」は兄くんにまかせて、ママは他を探す。

魚だけではなくて、どんぐりの実らしきものが沢山落ちている。

水っていうのはほんとに魅力的。

水の中の自然のオブジェを眺めていると、兄くんが「何か」の正体を見破った。

「エビや!」

エビ!?

「ちゃいろいエビの子供や!」

本当かはわからないけど、そういう事にしよう!

ママ達の中では解決だ。

途中、隆起した地面を見つけます。

木の根が盛り上げているのです。

自然の力ってすごい。

落ちている実もかわいいです。

何の実かわからないけど、近くにこんなものがありました。

実はしおれている・・・!?

小川探検を終え、ママが運転中に見た花のような「何か」を探しに行くことになりました。

「花みたいなやつさがしにいこうぜ!」

「わかった!いいぜ!」

二人とも妙なテンションです。

場の空気を荒らす弟くんがいないからということもあります。

「ちょっと暴れていい?」

そう言うと、手に持つ木の棒で木と戦い始めます。

「周りに気をつけてね」

ママの釘。

兄くんはたまに周りが見えなくなるので、万が一周りに人がいてぶつかったりしたらいけません、注意します。

ママが先に進むと、気が済んだのか木を殴るのを止めて付いてきます。

柵があって近づけないので、カメラ機能のズームで確認。

葉っぱか花か。

撮りたかった赤いものにピントが合っておらず。

撮った写真を見て兄くんと協議開始。

「これは葉っぱだな・・・!」

葉っぱで決定!!

続いて水がたまった所に行きます。

「絶対なんかいる!」

「まさか~居る訳ないでしょう~」

って居た~!

でっかいの居た~!

「ザリガニや~」

しかも良く見ると沢山います。ここで冬をすごすんでしょうか。

結構深いので、下の方は温かいのかもしれません。

「こいつ脱皮途中じゃね?」

「なんか上の方が透明に見えるね!」

興奮気味に観察を始めます。

沢山いるザリガニを一匹一匹チェックして進んで、駐車場へ向かう我々。

「そろそろ帰ろうかー」

「うん、帰るかー」

弟くんがいると、必ず機嫌が悪くなるママか兄くんなので、こんな平和な散歩は珍しいです。

また来たいなー、思ったけど、きっとこういう散歩にはもう来れない気がしました。

家に帰ると、弟くんが「おやつは?」と買い物袋を漁ってきます。

「カプリコあるよ、一個は兄くんのだからね」

「一個しかない」

おかしいな、と思っていると、

「おれ車で食ったよ」

と兄くんの声が・・・

焼き芋も車の中で食べてしまってたし、ほんと食べるのが早い兄くんでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です