ママの息抜き

白鳥にパンをあげにいく

白鳥にエサ(パン)をあげに行きました。

白鳥は白くてキレイ。

近所に白鳥がいる貯水池があり、去年も行った所なのですが、今年も同じ場所に行ってきました。

弟くんも一緒です。

白鳥の種類を調べてみる

去年も同じ場所で3羽見ており、同じ白鳥かもしれません。

2羽のつがいと、離れた所に1羽がいました。

調べてみた所、「コブハクチョウ」という外来種の様で、おそらく去年と同じ白鳥です。

数年前、貯水池に、離れ島かと思うくらいの、枝を沢山集めて作った立派な巣がありました。

そこにどっしり構えた白鳥がいて、子育てしていたのを見かけていたのですが、きっとその時の白鳥か、あの時育てていた子供なのかなぁ、と思いつつ。

去年は、つがいの2羽には簡単にパンをあげられたのですが、若い1羽に関してはなかなか近づいてくれず、難しかったのを覚えています。

白鳥はつがいになってずっと一緒にいる

調べるまで知らなかった事実です。

白鳥は夫婦制度らしく、死ぬまでつがいでいる事が多いのだそうです。

素敵ですよね。

なんで1羽だけ離れているんだろう?仲間外れか?と少しモヤモヤした気持ちで見ていたのですが、2羽がつがいだからだと思うと、あったかい気持ちで見れました。

去年の動画を見直して見ても、ほっこりします。常に一緒に移動しているんです。

エサをねらうその他のものたち

カラス、カモ、ワシ的な鳥、野鳥。

そして魚。

魚は危険ではないかもしれませんが、他の鳥系に関しては結構危ないです。

ちっちゃい子供とは行けないな、と思います。

特に積極的なのがカラス。

すぐ隣に来て、ガアガア言うんですよ。

襲われるんじゃないかと思って怖かったです。見れなかった。

追い払うのも反撃が怖かったので出来ず、諦めてもらうのを待っていました。

カモもパン食べに来てくれそうになるんだけど、白鳥がいるからこれなかったり、パンを取ったらすぐに水面を走って逃げて行ってました。

白鳥はゆったりしてるけど、やはり大きいからか、カモより絶対的に強いみたい。

自然界の上下関係。

▼こちらは去年の時のものです。

カラスにかっさられてしまう。でも怒らない白鳥さん。

無になりひたすらパンをあげる

なんだろう、日頃のストレスな毎日を忘れてひたすらあげてしまう。

弟くんもひたすらあげてました。

小魚も沢山よってきてたので、そっちにも夢中になってあげていましたね。

「白鳥用なんだけど?」と水を差してみたところ、「いいやん!」で一蹴されました。

たしかに。

景色を写真に撮る

散歩+パンあげ+写真、今回は3つの趣味が盛り込まれています!

写真を撮るには残念な天気である、曇りだったのですが、沢山撮りました。白鳥はもちろん、大好きな「木」、「水辺」。

撮り続けるママを、弟くんは諦めたように見ていましが、

ママはあきらめずに写真を撮ります!

羽を帆のように浮かせて移動する

ずっと見ていると、ある事に気が付きました。

羽を浮かせて、まるで帆のようにして移動するのです。

わかりづらいかもしれませんが、▼動画はこちらです。

View this post on Instagram

#白鳥

A post shared by おたま (@punchearth93) on

かわいいです!

また、尻尾をフリフリするのもかわいいです。

鳥って身近な存在ではありますが、じーっと見続けた事がなく、その魅力も知らなかったんだなー、って散歩するようになってから思います。

毎日一生懸命生きていますが、意識を向けないと気がつかない事が沢山あるって事を知りました。また、それが毎日のストレスの解消になる事もです。

散歩はほんとにお勧めです!

気をつけること

かわいい白鳥ですが、体が大きく、人を襲う事もあるようなので、子育て中だったりの白鳥には近づかない方がよいと思います。

また、水辺ですので、子供だけでは絶対にさせない方がよいです。

ABOUT ME
おたまま
息子二人とあったかい毎日を過ごしたいママ。 最近気になるアイテムはプッシュ式洗濯洗剤。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です